動画の良さは動きの躍動感を伝えられること

僕たちの動画日記

動画の良さは動きの躍動感を伝えられること

静止画と違って動画の良いところは、何と言っても動きの躍動感をダイレクトに観ている人に対して伝えることができるということです。

 

たとえば、スポーツ中継の動画を観ているとそれはとてもよくわかります。それは、野球でバッターがホームランを打つ瞬間であったり、サッカーでストライカーが鮮やかにゴールを決める瞬間であったり、陸上競技でアスリートが全力疾走している姿であったりなどです。

 

本来ならば、スタジアムや競技場に行かなければその躍動感というのは感じることができないですが、テレビのスポーツ中継やインターネットなどでその動画を観れば、たとえそこへ行かずともその躍動感をしっかりと感じることができます。

 

また、テレビがブラウン管だった時代や、パソコンがなかった時代に比べれば、動画の画質も比べものにならないくらいレベルアップしていますので、そのリアリティーは現実で観ているものにかなり近付いていると私は思っています。

 

 

また、今後はさらに画質がレベルアップしていくでしょうから、動画の品質はそれにともないさらに良くなっていくはずです。

 

ですので、これからあと数十年すれば、現実とほとんど変わらないくらい躍動感とリアリティーあふれる動画が観られると私は思っています。

ホーム サイトマップ